会社案内


人づくり・モノづくりを中心に技術をもって社会に貢献

お客様に信頼される企業でありたい

 

多種多様の切削治具による 得意先からの少ロット試作改良対応 

メーカー部品に頼らず出来る 限り故障機械部品を整備・製作 復旧対応

弊社は、1948年(昭和23年)より船舶ディーゼルエンジン噴射装置整備・製作し船舶業界発展に貢献してまいりました。また、その技術を生かし産業精密機器部品の整備・製作にも携わり、気仙沼地域をはじめ国内で高い評価を頂いております。今後もさらなる技術向上を目指し 気仙沼の港から未来の産業発展に貢献出来るよう社員一同精一杯取り組んで参ります。 

株式会社 東京ノッズル製作所

代表取締役  羽賀 寿徳


弊社の使命


ファーストステージからセカンドステージへ

【 復 興 】→【 社会貢献 】

弊社が震災で、今後どうしてよいかわからず、苦しんで挫けそうになった時、いろいろな人たちに励まされ、助けられました。

 

今度は苦しんで困っている人たちへ、微力ではございますが、弊社の技術力で社会貢献できれば、その恩返しができればと考えております。

震災前の社屋


会社概要


事業所名

株式会社 東京ノッズル製作所


所在地

〒988-0033 宮城県気仙沼市川口町一丁目113番地

TEL 0226-22-0283  FAX 0226-23-3665


代表者

代表取締役 羽賀 寿徳


創業

昭和23年9月


設立

昭和34年7月9日


主取引先

  1. 各船舶、自動車整備会社
  2. 研究開発機器メーカー 

事業内容

主生産品目

  • 陸用、舶用ディーゼル噴射装置整備・販売
  • 大学、企業の研究開発用部品製作
  • 一般機械及び部分品製作・修理

 加工内容

  • 燃料噴射ポンプ、噴射弁、ガバナ整備
  • 実験用高圧反応容器、バルブ、ノズルetc製作
  • 油圧ポンプ、コンプレッサー修理

沿革


1946年

創業者である羽賀藤松が新潟鐵工所を退社し東京より気仙沼へ支援のため赴く。


1948年

気仙沼市魚町3丁目にて、羽賀藤松と羽賀雄輔が東京ノッズル製作所を創業する。


1959年

羽賀睦雄が弊社を法人化し、株式会社東京ノッズル製作所を設立。初代代表取締役に就任する。


1962年

会社工場を海岸通りの気仙沼市魚町2丁目に移転する。


1975年

気仙沼市川口町1丁目へ新工場を建設し移転する。


2009年

羽賀寿徳が代表取締役に就任する。


2011年

3月 東日本大震災の津波の被害により工場家屋が全壊となり屋内の機械など、ほぼ壊滅状態となる。

8月 気仙沼市岩月にある工場を借用し、多くの方々の支援のもと仮工場にて復旧の準備をする。


2012年

1月 社員とともに仮工場にて復興へ向け気持ちも新たに始動する。


2015年

震災以前の場所である川口町へ新工場社屋を建設し移転する。


アクセス


所在地:〒988-0033 宮城県気仙沼市川口町一丁目113番地

 

【お車でお越しの方】

 三陸自動車道気仙沼中央ICより車で10分

 東北自動車道一ノ関ICより車で60分

 駐車場5台分あり

 

【公共機関でお越しの方】

 JR大船渡線 気仙沼駅下車 タクシーで15分


弊社へのご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせください。